NIDOCOについて

  • Home
  • NIDOCOについて 会社紹介

会社紹介

日本ドアコーポレーション株式会社

弊社は木製ガレージドアの製造販売を目的として平成6年10月に創業いたしました。

~はじめは木製ガレージドアから~

日本はシャッター王国です。道を歩くとシャッターが付いている家を必ず見かけます。
創業当時、オーバーヘッドタイプのガレージドア用途は、工場や倉庫、消防署、自衛隊等でした。デザイン的にも一般住宅用として選択されることは極めてまれで、認知度も非常に低い製品でした。
特に木製ガレージドアは、輸入の粗悪品が出まわっていた頃で、耐久性が悪く、取り扱う人間自体の知識不足もあって、ユーザーからのクレームが絶えない状態。住宅ビルダーも施主様に勧めることはほとんどなかったようです。
それに変わる製品として、大手メーカー等は日本の建具メーカーにパネルの製作を委託し、自社金物等を使って販売していましたが、輸入品と比べると非常に高価で、一部の富裕層のみにしか使っていただけない超高級品として出まわることになります。
そんな中、弊社社長の高柳は、

  • 「国内生産品で、安く品質の良い製品は作れないだろうか?」
  • 「もっと多くの人にガレージドアの良さを知ってほしい」
と考え、木製ガレージドアの開発に着手することになりました。

  • 展示会で使った花は捨てずに持ち帰り、玄関に飾っています。

  • 玄関を入るとイベントで使用するポップコーンマシーンがお出迎え

  • 冬にはこの2台のブルドーザーが活躍します

 

主な出来事

H06.10.21 資本金1000万にて会社を設立
H07.05 林産試験場と協力し木製防火シャッターの開発を開始
H08.08 建設業の許可を受ける
H10.01 自社ホームページ開設
H11.08 ウッデイが乙種防火戸の燃焼試験合格(全国初)
H12.03 ウッデイが乙種防火戸の認定を受ける(全国初)
H12.09 自社ドメイン取得
H14.10 千歳市上長都に工場移転
H16.08 DASMA米国ガレージドア協会正規会員となる
H17.04 Marantecと協力し日本向けガレージドアオペレータ
を開発
H17.05 スチール製断熱ガレージドア発売開始
H17.06 東京スペシャルインポートカーショー内のガレージ
ゾーンに出展
H18.04 ガレージ&ハウジングEXPOに出展
H19.05 林産試験場と連名で木材加工技術賞受賞
H19.04 ガレージングEXPOに出展
H19.05 湾曲集成材を使ったプチガレージ(仮名)発表
H19.05 ハンガースライドドアを発表
H20.06 環境総合展に出展
H21.11 農商工等連携事業として多目的ハウスと
木製ガレージドアが認定を受ける
H22.04 エクステリアエキスポに出展
H22.06 関西エクステリアフェアに出展

日本経済新聞に当社木製防火ガレージドアが掲載されました!

新聞掲載記事

PDFでご覧いただけます。

  • 札幌時代の昔の工場。何か怪しいことをしていそうな雰囲気

  • ベンダー:昔はこの機械とシャーリングだけでした…

  • シャーリング:スチールドアを作っていました。

  • 今は機械も増えて鉄の機械とも木の機械とも上手におつきあい

  • NCルーター:図面の通りに模様を彫り込めます