国や道が「地材地消」をすすめています

 

北海道産材の魅力

地材地消ってなんだろう。

地域で作り、地域で使う。
食材の安全性や健康が気づかわれる今は、産地がはっきりしていて新鮮な地場産の食材を食べる「地産地消」は当たり前になりました。
「地産地消」の発想は、食材だけでなく木材にも当てはまります。
地域で生産された木材を地域で消費する=「地材地消」の発想で、北海道の木を積極的に活用していきましょう。

地球温暖化や持続可能な社会づくりのためにも地域材の利用を!

北海道で地材地消が進めば、木に関する様々な業界が活気づきます。
木を育てたり加工したりする人の雇用が生まれ、さらに質の良い木が道内に流通するようになります。そして、また新しい苗木が植栽され、若い木はたくさんの二酸化炭素を吸収して成長していきます。
森林とともに北海道の経済も環境も豊かに整い潤っていくでしょう。

カラマツのねじれ克服秘話!

カラマツは樹脂が多く、丈夫で腐りにくい木です。けれども一方で、カラマツは回旋しながら成長するため「ねじれ」や「反り」が出やすく、建材としては敬遠されていました。
しかし近年、地方独立行政法人北海道立総合研究機構林産試験場が優れた乾燥・加工技術を開発。強度が高く狂いの少ないカラマツ建材を住宅に用いることが可能になったのです!