お客様サポート

アフターメンテナンス

保証について

NIDOCOガレージドアの保証条件

  • ・当社が指定する施工員によって設置された製品であること。
  • ・木製の場合、外部用の塗装を正しく完了していること。
  • ・取扱説明書に従い、適切にメンテナンスを行っていること。
  • ・ドアパネルは購入から2年間の保証。
  • ・ドアハードウェア(ヒンジ、ローラー、レール、スプリング)、及び同様のハードウェアは購入より2年間の保証。
  • ・上記期間に材料、施工上の欠陥による障害が起きた場合は無償で修理いたします。
  • ・修理か交換かの判断は当社専門家の判断とします。
  • ・故障による損害はこれをカバーしません。

保証対象外(保証期間内でも次の場合には保証対象外となります)

  • ・誤った使用、及び不当な修理や改造による故障及び損傷
  • ・火災、地震、風水害、落雷、その他の天災地変、公害や異常電圧による故障及び損傷
  • ・木材の変形、割れ、反り、抜け節、ヤニ、カビ等の木材固有の性質による損傷、変質
  • ・建物に原因がある(躯体の歪み、水漏れ等)損傷、不具合
  • ・塗装の退色、染み等
  • ・車両衝突等の損傷
  • ・リモコンの電池や電球等の消耗品類
  • ・本書の提示がない場合

その他

電動開閉機のプログラム変更、微調整、リモコンのコピー、リモコンの電池交換等で出張サポートを依頼した場合や、保証対象外の要因によるハードウェア電動開閉機、ドア本体の交換修理を行った場合には、修理費用として製品代、運搬費、工事費等実費をいただきます。

日々のお手入れ

毎日使うガレージドアは、普段のお手入れ・点検などによって品質の劣化を最小限に抑えることができます。使用頻度にもよりますが、こまめなメンテナンスがトラブル無く長く付き合う秘訣です。

ドア周辺 ドア周辺は常にきれいにし、開口付近にものを置かないようにしてください。
レール 水平レールなどにゴミがたまり動きが悪くなることがあります。年末の大掃除の時等に一緒に掃除をしてください。
オープナー 開閉機から伸びるトロリーレールにグリースをさしすぎると、垂れ落ちたり、滑り過ぎてドアが上がらなくなる場合がありますのでご注意ください。
ドアパネル 乾いた布やブラシを使うとパネルの表面に傷がついてしまいます。表面の汚れが激しい時は、埃を落とし、濡らした布を固く絞ってから軽く拭いてください。 キーキーという軋み音が大きくなってきたら、裏側の蝶番、ローラーの軸にオイルまたは潤滑スプレー等をかけてみてください。音が小さくなると思います。これも半年あるいは1年毎など定期的に行うと、より効果的です。

何年か経ってから…

年数が経つと表面の塗装が落ちてきたり、汚れが目立ってきたりします。
当社の標準塗装(オスモカラー)を行っている場合は、3~4年目に一度同じ色を塗っていただくことをお勧めします。ドアパネルの劣化を遅らせ、寿命を延ばすことにもつながります。
「色の劣化がひどい」「色を塗り替えたい」とお悩みの場合は、ご相談ください。

塗装について

塗装は何年経っても大丈夫?

使用した塗料やドアの設置場所、周辺環境にもよりますが、当社では2年に 一度の塗り直しをお勧めします。色を塗り直すことによって、再び美しさを 取り戻す事が可能です。


塗装の方法

メンテナンスの塗装はどこに依頼したらいいですか?

メンテナンスはお客様ご自身で行っていただくか、施工工務店に依頼することも可能ですが、NIDOCOで対応できる場合もありますので、ご連絡ください。また、塗料等についてもお気軽にお問い合わせください。