樹種による特徴

 

NIDOCOが扱う道産材の樹種を紹介します。

カラマツ

  • 高木で高さ30m、直径1mになります。落葉樹で、秋に黄葉し、森に彩りをそえます。樹皮は赤褐色で、不規則な鱗のように割れています。北海道には自生していませんが、道東を中心に、道内に広く人工造林されています。防風林としても用いられている強い木です。材は湿りに強く、土工用材や建築材、ログハウスのほか梱包材として用いられます。学校用の机や椅子にも用いられるようになってきています。

  • カラマツ

トドマツ

  • 高木で高さ30m、直径1mになります。常緑樹で、樹冠は円錐形で先端は鈍形。樹皮は薄く平滑で青灰色や灰白色をしています。枝は水平かやや斜上に伸びます。人工造林も積極的に行われていて、防風林などにも用いられています。材は主に建築に用いられます。ソフトで白く美しいことから器具や工芸にも用いられています。

  • トドマツ

スギ

  • 日本の代表的な樹種のひとつです。北海道にあるものは人工造林されたもので、北海道南部から日本全土にスギ林が見られます。心材と辺材の色の差がはっきりとしていて、心材は桃色から濃赤褐色までかなり幅があります。年輪もはっきりとしていて、材は針葉樹のなかでは軽く軟らかなほうです。建築材、家具、器具、造船など使われる範囲の広い木です。

  • スギ

参考文献:北海道木材産業共同組合連合会(道木連)「ウッドプラザ北海道」