地材地消でいいこといっぱい

 

地域で生産された木材・木製品を、地域で有効利用(消費)する「地材地消」。
地元で育った木なのですから、当然その風土に合っています。生活に相性良くなじみ、良い風合いがでるのは当たり前のことかもしれません。
地域のみなさんが、北海道の木を選び、使うと、さまざまなメリットが生まれます。

  • 経済的なメリット
    「木を伐る、使う、植える、育てる」という林業本来の資源の循環につながります。 それは、地域の林業・木材産業が活性化することにつながり、まちに新たに雇用が生まれるなど地域経済が活性化します。

  • 環境面のメリット
    「地材地消」で地域の森林に還元された資金で、森林の手入れを進めることができます。それは、国土の保全につながります。また地域の木材を使えば、遠いところから運ぶ際に大量に発生していたCO2を削減できるので、地球温暖化防止に役立ちます。

みんなが積極的に「地材地消」に取り組むことで、森林を元気にし、地域を元気にする「いい循環」が生まれるのです。
北海道の木材を生かした北海道ならではの暮らしについて、あらためて考えてみませんか。